グリチルレチン酸ステアリルの効果

富士フィルムは、ニキビ・肌荒れに有効な油溶性の抗炎症成分「グリチルレチン酸ステアリル」を、独自のナノマージ技術によって複数の保湿成分と組み合わせて80ナノメートルサイズまで安定的にナノ化し、ニキビができる毛穴へ集中的に浸透する新成分「アクネシューター」を開発しました。またそれが毛穴に集中浸透すること、塗布することで、肌の水分量が増加し、肌内部の保水機能が改善することを確認しました。

グリチルレチン酸ステアリルは抗アレルギー作用に優れ、特に皮膚炎やニキビの炎症に対して効果があるほかに、紫外線などによって炎症を起こしたお肌をやさしく鎮めてくれる作用もあるので、エイジングケアのための美白成分として美白化粧品にも使われているそうです。

天然の植物由来成分のため、連続で使用しても副作用がないことや、使用感が良いことで、スキンケア製品だけでなく、ヘアケア製品にも配合されています。

様々な要因が重なると中々完治しないニキビですが、自分の肌と相談しながら、今欲している成分は何か?見極める目も養っていきたいですね。