水と人間の健康状態

水は人間の健康と深い関係にあり、その命は水によって保たれているといっても過言ではありません。水を上手に飲むことで様々な病気の予防にもなりますし、逆に水を飲みすぎたり、間違った飲み方をしてしまうと体の不調を招くこともあります。

体が水不足になると色々なトラブルを引き起こします。近年広く注意が促されている熱中症や脱水症状なども水分不足が原因となる危険な状態です。夏の熱中症対策などでよく聞くようになりましたが、のどが渇いたと思った時には、すでに体内の水が不足してしまっているという状態なのです。渇きというシグナルを感じる前に水分補給するように心がけることが大切です。

人間の体は成人だと体重の約60~65パーセントが水分で構成されています。栄養素や代謝物の運搬・体温の調節などが水の働きで行われ、生命の機能が保たれていますので、健康を維持するために毎日水分補給をする必要があるのです。

人間の体が1日に排出する水分の量は合計で約2.3リットルにもなります。主な排出分は感じなくても皮膚や呼吸を通して水分が失われている不感蒸泄汗で約1リットル・尿や便として約1.3リットルになります。健康な状態ならば1日の排出量とほぼ同じ量の約2.3リットルの水分を飲み物や食べ物から補給しなくてはなりません。

平均的な食事では約600ミリリットル、食べ物を分解してエネルギーを得る際にさらに200ミリリットルの水分を摂取できると言われているので、残りの約 1.5リットルの水を飲料水として摂取するという計算になります。

水分の摂取量と排出量のバランスがくずれると、体にはさまざまな不調や症状が現れることになります。よく知られているように、水分が不足すると脱水症や熱中症の原因になるのはもちろんですが、過剰に摂取した場合には「水中毒」という症状が引き起こされ、内臓に負担がかかって体がだるくなったり、消化不良を起こしたりすることがあります。

これは体内のナトリウム濃度が急激に低下するためで、ひどい場合は死に至ることもあるので、一度に大量の水を摂取しないよう注意が必要です。

水分補給の方法として適切なのは、一気にたくさん飲まずに、150~250ミリリットルのコップ1杯程度の量の水を1日に6~8回飲み、約1.5リットルの1日の水分の必要量を補給するという方法だと言われます。

朝起きた時や外出前、通勤・通学・買い物などで歩いたあと、スポーツをする前後、入浴前後、就寝前などにこまめに水を飲めば、急激な水のとりすぎで体に負担をかけることもなく、水分不足にならず、疲労回復や健康維持に役立てることができると考えられています。

朝起きた時に綺麗なお水を飲む習慣を定着させるには、ウォーターサーバーが便利で近年オフィスだけではなく、一般家庭においても利用者が増加しています。