タンパク質をゆがませない方法

タンパク質は、外因により簡単にゆがんでしまうという特徴があるそうで、肌や髪に起こるダメージの原因は、タンパク質のゆがみにあるという事が明らかになってきているそうです。

紫外線は皮膚のシミやシワの原因になりますが、紫外線がタンパク質をゆがませて水分保持ができなくなるために起こってしまう現象なのだそうです。このタンパク質のゆがみを防止するためにも紫外線対策は年間を通して必須です。
また、角質層のタンパク質がゆがまないようにしっかり保湿をする事が大切です。美白を目指している人はタンパク質と相性が良く、保湿力や水分を調整してくれる機能に長けているトレハロースなどを配合した美白化粧水などを使用し、乾燥状態を防ぎましょう。

タンパク質は20種類のアミノ酸で構成されていますが、うち9種類は体内で作り出すことが出来ず、食事から摂るしかありません。肉・魚・卵・乳製品・大豆などの高タンパクな食品をしっかり摂取して不足しないように気を付けましょう。

タンパク質は皮膚を生み出し、美しい状態を保つうえで重要な役割を担うものですので、意識して摂取して体全体を美しく保ちたいものですね。